赤くならない方法

サプリの効果をさらに高める!お酒で赤くならない方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

別記事「お酒で赤くならないオルニチンサプリは実在する!」でご紹介したサプリメントだけでも、ほとんど赤くなることはないのですが、今回ご紹介する方法を行うとさらに効果的です!

サプリメントと今回の方法で、ビール半分で全身が真っ赤になる私が、安定的にビール3杯以上を飲んでもほんのり赤くなる程度で抑えられています。

血流を良くするとお酒を飲んでも赤くなりにくい!

なんだか血流を良くしたらアルコールが回りやすくなって余計にひどくなるんじゃないの?と思われそうですが、適度に血流を良くすることで本当に赤くなりにくくなります。

お酒は体内に入ってから、アルコール→アセトアルデビド→酢酸→水という順番で分解されていきます。

そして赤くなる原因はアルコールから分解されたアセトアルデビドが体内に残り続けることだと言われています。

別記事でご紹介したサプリメントは、このアセトアルデビドの分解速度を上げることにより、赤くならないようにしてくれます。

そしてせっかくサプリメントが分解速度を上げてくれる効果があったとしても、血流が悪いとアセトアルデビドが血中に残りやすくなりなってしまいサプリ本来の力を発揮しにくくなります。

つまり、血流をよくすることで、サプリメント本来の効果が発揮され、血中にアセトアルデビドが残らなくなります。

サプリメントだけでも効果は期待できますが、血流を良くすることで相乗効果が期待でき、より安定して赤くなりません。

ただし、適度に血流を良くした場合です!ハードな運動で血流を良くしすぎると本当にアルコールが体中に一気に回り赤くなってしまいます。

では適度に血流を良くするにはどうすれば良いのでしょうか?

お勧めの方法をご紹介します!

血流を良くして、お酒で赤くならない方法3選!

血流アップの1分間体操

短時間で効率的に血流を良くしたければ、血流の悪化につながりやすい「肩、腰」の体操をすると効果的です。

<肩スットン>
1.立ったまま目を閉じて、手をブラーンと下げます。

2.鼻から息を吸いながら、肩をグゥーと上に持ち上げる。

3.口から息を吐きながら、ストンと肩をおろす。

これを3回ほど繰り返してください。

<腰まわし>
1.立ったまま腰に手をあてて、右回りに腰を3回大きく回す。

2.次は左回りに3回大きく回す。

ストレッチ前後どちらかに少しでもよいので水かお茶を飲とより効果的です。

会話に積極的に参加する

赤くなることを気にして、聞き手に回ってひたすらチビチビ飲む人がいますが、逆に赤くなりやすいです。
実際に会話に参加することで、テンションも上がりやすく血流が多少よくなります。

下着や服装に気をつける

飲みに行くとわかっている場合は、普段よりも締め付けのゆるい下着や服装にしておきましょう。

せっかく血流アップの体操や会話に参加しても、締め付けの強いゴムやベルトは血流を悪くしてしまう場合があります。

お酒で赤くならないための血流の改善とは、本当にちょっとした改善で良いのです。

血流をよくしすぎると、逆に内臓の機能が低下すると言われています。

そうなると、サプリメントの効果も半減して赤くなりやすくなってしまいます。

今回ご紹介した内容は手軽に適度に血流を改善する方法です。

これにより、サプリメントの赤くならない効果を効率よく引き出し、より赤くなりにくくなります!

あなたも是非おためしください!

お酒で赤くならないサプリについては「お酒で赤くならないオルニチンサプリは実在する!」をご覧下さい♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*